絵に描いたような超ブラック企業

去年、私の友達が転職をしました。
その友達、10年間アパレル関係の仕事をしていたのですが、いろいろあって将来に不安を感じたようで。
一念発起して、全く違う業種の会社に転職を決めたのですが・・・。
転職先の会社が、絵に描いたような超ブラック企業だったんです。
営業の仕事だったんですが、とにかく就業時間が長くて、朝の6時から深夜12時まで働きっぱなし。
ひどい時は深夜2時、3時になることもあったみたいです。
残業代は雀の涙ほどしか出ず、お休みも週に1日あるかないか。
友達は責任感が強く真面目な性格で、「きつい」「辞めたい」と言いながらも半年位は続けてました。
よく半年ももったものです。

親御さんや周囲の友達から「体を壊す前に辞めた方がいい」と説得されて、ようやく退職を決意したのがつい最近のこと。
今は、ハローワークに通いながら職探し中です。
この前、その友達と飲みに行ったのですが・・・。
「ハローワークやフリーペーパーに出ている求人情報が、どうにも信用できない」とぼやいていました。
例のブラック企業もハローワークで見つけた求人だったので、トラウマになっているようでした。
その気持ち、とってもよくわかります。
私が今働いている会社もハローワークで見つけたんですが、求人票に書いてあることと実際の労働条件が全然違ったので・・・。
うちの会社は友達が勤めていたブラック企業ほどひどくないですけど、それでも。
求人票に嘘っぱちを載せるのはやめて欲しいですよね。

次は絶対にホワイト企業に就職する!と意気込んでいる友達。
世の中にどれほどのホワイト企業が存在するのか・・・疑問に思うところはありますが、良い会社に巡り合えるよう陰ながら祈っています。

«
»